Menu

TOEICでどれだけの英語量が身につくのか解説します

資格取得は履歴書に記入して入試や就職で有利になるためだけでなく、自己啓発や自分の能力を高めるため、趣味、生活を便利にしたり専門知識を身につけるなどさまざまな目的に使えます。英語関係の資格の勉強も同じで、就職や転職のために役立つ以外に海外旅行や日常生活でも活用できて、学習を通じて自分の英語力をアップさせることにつながります。TOEICを受験するための勉強は実践的な英語がベースになるので語彙や文法を重視する英検よりも日常的に使える英語力が身につきます。特に海外の取引先とやりとりをしたり、外資系に就職を考えている人、ホテルや観光地など外国人客の多い分野の接客業で働く人や、海外旅行が好きでよく出かける人などは勉強を通じて効率よくスキルアップができます。

ネイティブの使うフレーズや単語を覚えられる

TOEICは専門用語ばかりが並ぶ学術的な内容ではなく、英語を母国語とする人が普段から使っているようなテーマを題材にした試験です。そのため対策講座や問題集でもネイティブが実際に使うフレーズや、子供でも知っているような単語が多くて英語の初心者も比較的簡単に取り組めるメリットがあります。勉強を続けていると自然に英字新聞や英語のニュースに触れる機会も増えて、日常生活で役立つかなりの英語量が身につきます。海外旅行で使えそうな場面や、海外の企業と英語でメールのやりとりをしたり電話で商談をするような問題も多いので学習を通じて自然に自分の英語レベルが上達していくのがわかります。受験を目指さなくても問題集を使って勉強するとネイティブと交流したり仕事や旅行で役立つフレーズをたくさん覚えることができます。

リスニングや会話力もしっかり身につく

日本の英語試験は語彙や読解能力に重点が置かれているので、勉強も必然的にひたすら単語を覚えたり文法ミスがないように正しく書いたりするのが中心になりますが、TOEICはリスニングを文法以上に重視している試験なので、対策の勉強も聴き取りが多くて耳を使ったトレーニングをすることが必要です。本番で緊張しないようにするためには普段から英語の耳を鍛えるのが一番なので、英語のニュースをテレビやラジオで視聴したり海外ドラマや映画をオリジナル音声で見たりすることで英語量が増えてネイティブの会話スピードについていけるようになります。会話の場面を題材にした問題もたくさんあるので、ビジネス英会話や海外旅行会話の練習をしておけば本当に使える英語が身について、試験でもハイスコアを狙えます。