Menu

英語が苦手な人でもTOEIC受験に成功する秘訣をお教えします

学校で英語の成績があまりよくなくて、普段から英語を使う機会もほとんどないので外国人に道を聞かれたりすると困ってしまい、海外のインターネットサイトを利用したくても英語がわからないためあきらめてしまうなど、英語が苦手な日本人はたくさんいます。しかし、グローバル化が進む今日では英語ができるのは当たり前だと思われていて、英語の資格も重要性も高まっています。英検と並んで受験や就職で重視されているTOEICは、難しいイメージがあってなかなかハイスコアが出せないと思われていますが、実はコツをつかめば英語が苦手な人でもきちんと受験ができます。実践的な問題が多い内容なので、普段から英語に慣れた生活を心がけていれば専門知識がなくても高い得点を狙えます。

耳を英語に慣らすような生活をする

TOEICは実際に日常生活で使えるような実践的な英語を重視したテストなので、問題の半分くらいがリスニングになっているのが特徴です。そのため、聴き取りができれば文法が苦手でもハイスコアを狙えるチャンスがあり、難しい単語を知らなくても直感で正しい答えを導き出すことができます。リスニングに強くなる秘訣は、とにかく耳を英語に慣らして英語の思考能力を身につけることです。普段からリスニング教材を使ったり、インターネットを使って英語のラジオを聴いたり、好きな外国映画を吹き替えではなくオリジナル音声で楽しむなどちょっとした工夫で英語環境を作り、毎日短時間でも英語の音声に触れるようにしましょう。コツコツ続けていればネイティブの会話にも違和感がなくなって自然に耳に入るようになります。

基本的な単語の使い方をマスターしておく

英検の上級レベルの問題は語彙が多くて、専門用語や特殊な単語を知らないと読解ができないため受験が困難ですが、TOEICは日常的にネイティブが使っている基本の単語が圧倒的に多いので、英語が苦手で難しい単語を知らない人でもじゅうぶんに理解できます。中学校で習うような簡単な単語もたくさん登場するので、フレーズや熟語を覚えておけば語彙が少なくてもハイスコアを目指して受験が可能です。読解問題でも英検のように難しい長文を読むのではなく、日常生活で実際に目にするような新聞記事、取り扱い説明書、広告などを題材にしたものが多いので、専門知識がなくても理解できます。普段から英語のサイトや英字新聞などに触れるようにして英語が苦手だという考えを捨てれば受験に成功する確率もアップします。