Menu

TOEICとはどういうものかを詳しく解説します

英語の検定や資格には様々なものがあり、それぞれで目標としているものが違います。そのため、受験に必要なのか就職に必要なのか、また自分の実力がどれだけあるのか把握するために必要なのかで、受けるものを選ぶ必要があります。そのためには、自分が受けたい英語の検定や資格がどのようなことに有利なのか、把握しておくことが大切です。そのような英語の資格の一つに、TOEICがあります。英検やTOEFLと同じく有名な検定であるので、一度は聞いたことがある人が多いものです。しかし、どのような内容で行っているかは、実際に受ける人しか知らなかったりします。そのため、今後受ける可能性があるのであれば、どのようなことを目的に行っているのか、知っておく必要があります。

英語のコミュニケーション能力を検定します

TOEICが行っていることは、英語によるコミュニケーション能力を検定することです。ここでいう英語のよるコミュニケーション能力とは、英語を母語としないものに対するものになります。ここで行うテストは、聞き取り100問と読解100問の合計200問が出題されます。このテストには合否というものはなく、実力測定試験でありスコアで結果が表示されることが特徴です。検定や資格のように合格しなければいけないというわけではないので、気軽に受けることもできます。自分が英語をどのくらい扱えるのかを知るには、ちょうどいい試験ともいえるものです。しかし、合否がないからと言って結果が重要視されないわけではなく、受験時の英語運用能力の判定や就職の際の評価に影響してきたりします。

テストパターンは2種類存在します

TOEICの特徴の一つに、テストパターンが2種類存在することが挙げられます。それは、個人を対象としたものか、企業や学校など団体を対象としたものです。個人を対象としたものは、教育試験サービスがスコアを認定する公式のテストになります。個人で申し込みをして指定された日に受験するものであり、その年ごとに全く新しい試験を受けるものです。しかし、公開テストを受験することで、公式認定書が発行されます。団体が受けるものはIPテストと呼ばれ、過去問を使うものです。公開テストとは違い公式認定書は発行されませんが、点数の価値は道義のものと扱われます。そのため、人事部での評価に使われることもあります。このようにTOEICは学校や職場での評価につながるので、英語の勉強はきちんとしておきましょう。

10代~80代までと幅広い方にご受講いただいております。 授業内容と教材の質を常に最高のレベルに保つ様に努力し、本物の英語力を身に着ける努力を続けた実績が有ります。 本校は、優秀な講師陣によって練られたカリキュラムで効率的で効果的に講義を行うことで、生徒のスコアにその成果が結果として現れています。 TOEICの勉強をするならエッセンスイングリッシュスクール