家族葬とはどんなものか

家族葬とは、遺族や友人といった親しい間柄の人たちだけに参列者を限定して行う、小規模な葬儀スタイルのことです。1990年代後半頃から使われ始めた用語であり、個人化などの社会の変化に伴って生まれたスタイルだと言われています。一番の特徴は、一般の葬儀と比べて参列者の数が少ないことであり、規模は20名~30名程度になります。そして葬儀本体の費用(葬儀社へ支払う費用)についても、参列者が少ないため、一般の葬儀よりも安く抑えることができるという特徴もあります。家族葬のメリットとしては、費用が抑えられることのほかにも、人数の多い一般葬のように参列者の対応に追われないで済むことや、親しい身内だけで静かに故人を偲ぶことができることなどが挙げられます。また、故人が高齢者のため参列者があまりいない場合などにも向いていると言えるでしょう。

現代的な葬儀の形である家族葬

時代の変化とともに葬儀の形も変わってきています。中でも家族葬とは家族など近親者だけで行う葬儀のことです。近親者以外の儀礼的、または社交辞令的な弔問を断る形の葬儀です。この葬儀は葬儀場などで葬儀をしたあと火葬をするという流れが基本の流れであり、小規模な葬儀全般を示している言葉でもあります。しかし、葬儀の形式や宗教の様式を特定するものではありません。宗教的な形をとるか、無宗教の形でお別れをするかは故人の希望によって変わってきます。無宗教の場合はその形態を自由葬と呼ぶこともあるそうです。家族葬は故人とその家族の意志が表明されているものですが、昔ながらの葬儀の認識と異なっているために、まだまだ理解されないことも多いようです。家族葬という葬儀の形が広く、多くの人に認知されるまではまだしばらく時間を要することとなるでしょう。

家族葬という小さなお葬式

時代の変化に伴い家族の形態も変化してきています。家族の形態が変わってきているということは、冠婚葬祭にかかわるあらゆる様式にも変化が訪れているということです。家族の単位が小さく親密になっている昨今、葬儀についても小さな葬儀が好まれる傾向にあるようです。家族葬はこんな小さな葬儀を望む人の選択肢として今注目されています。形式ばかりの大規模なお葬式ではなく、本当に親しい友人や大切な家族とともに故人に別れを告げたいと考えている人の選択肢として広く支持されるようになりつつあります。まだまだどの世代にも家族葬という葬儀の形が浸透しているわけではありません。しかし、形式ばった従来の葬儀ではない葬儀を望んでいる場合、または周囲の家族葬への理解が得られる場合には、あたたかでやさしさに満ちた葬儀を実現することも可能です。

東京都で家族葬をお考えなら「小さなお葬式」。 葬儀の事前準備から、葬儀後の事までトータルサポート。 利用者の40%は小さな火葬式を利用しているため、安心して低価格の葬儀を利用したい方に支持されてます。 大阪府で激安家族葬をお考えなら「小さなお葬式」。大阪府全域で180件以上の葬儀場がご利用可能です。 年間施行件数2万件!業界3位に匹敵するシェアを獲得。 家族葬のシンプルな葬儀